· 

多くの女性にバストケアを

バストと女性ホルモンは深い関係がある。なぜか?

生理前にバストの張りや痛みを感じる。女性ホルモンの変動のよるもの。

当サロンのバストケアは女性ホルモンをベースに考えられたバストケア。女性は生涯のうちでティースプーン1杯分の女性ホルモンを分泌。年齢を重ねるごとにそのわずかな女性ホルモンの分泌量は変化し、女性の心と身体にも変化をもたらします。その変化として更年期があります。更年期は女性ホルモンの分泌量が減り、

 

 

 

 

 

女性のライフステージにはいくつかの節目がありますが、私自身40代になり意識し始めたことといえば『閉経と更年期』です。 日本女性の平均閉経年齢は約50.6歳、個人差はあるものの早い女性ではその5年ほど前から『プレ更年期』の症状が出ることがあると言われています。

更年期の症状の原因というのは、簡単に言ってしまうと女性ホルモンの分泌低下に伴う自律神経の乱れなのですが、症状の有無や度合いには個人差がかなりあるので、更年期が訪れる明確な時期や予防法というものはないのかもしれません。 

更年期における症状は女性ホルモンを分泌する卵巣機能と、その司令を司る脳とのアンバランスから起こり、自律神経までもが影響を受けてしまうことで不調などの症状として現れるようになります。
ただし、ホルモンを分泌する卵巣の機能は年齢に伴い低下しますし、いずれ卵巣からの女性ホルモンの分泌がなくなるのは女性の一生において自然な身体の仕組みとも言えるため、回避することは出来ませんが、それによって影響を受けてしまう自律神経を整えておくことで、影響を最小限に抑えることができるのではないかと思います。